秋田大学大学院附属工学資源学研究科附属ものづくり創造工学センター 秋田大学大学院工学資源学研究科附属
ものづくり創造工学センター
〒010-8502 秋田県秋田市手形学園町1-1
TEL/FAX:018-889-2806
E-mail:pub@mono.akita-u.ac.jp
アクセス サイトマップ お問合せ
センター概要 ものづくり教育支援 ものづくり活動支援 学生プロジェクト支援 地域連携活動


センター長挨拶
設立目的
部門概要
職員・組織図
ものづくり創造工学センター ホーム
施設利用予約システム
利用者登録申請
利用者登録申請
利用可能施設一覧
当センターで貸出が可能な施設・設備の一覧を掲載していいます。
≫詳細はこちら
利用可能物品一覧
当センターで貸出が可能な物品一覧を掲載していいます。
≫詳細はこちら
国立大学法人秋田大学
 
■創造工学教育部門
学生が主体的に取り組み、自らの創意工夫によるものづくりを実感できる教育プログラムとして導入された創造工房実習や、ものづくりに関連した学生参加型の課外プロジェクトに対して支援を行う。
  • 創造工房実習分野:創造工房実習カリキュラムの設計や実施を支援する。
  • 学生プロジェクト活動支援分野:学生を主体としたものづくりに関わるプロジェクト
    (例:ソーラーカー、ロボットコンテスト等)の組織運営や技術上の相談、支援を行う。
■教育・研究支援部門
工学資源学部のものづくり関連教育や研究に関連した機器製作の支援を行う。また、ものづくり教育を推進するための新たな教育プログラムの開発も行う。なお、機器製作は、既設の機械工場、材料工場、ガラス工作室および各学科に設置されるセンター分室を活用する。
  • 実習教育支援分野:創造工房実習以外のものづくりと関連した教育プログラムの支援を行う。
  • 研究開発支援分野:研究に際して必要となる各種機器の設計製作の支援を行う。
  • 教育プログラム開発分野:ものづくりのための新たな実践教育プログラムの研究・開発を行う。
■地域連携・広報部門
ものづくりや科学技術に関するセミナー及び講演会の企画・運営を行うと共に、工学資源学部のものづくり教育・研究活動の広報業務を行い、地域社会との連携・交流を図る。
  • ものづくり体験セミナー分野:ものづくり教育の重要性をアピールするため、一般市民や小中校生を対象として、ものづくりの興味深い事例の紹介や、実際にものづくりを行う「ものづくり体験セミナー」、「子供科学教室」等の実施に関連した各種業務を行う。
  • 科学技術教育支援分野:本学部の有する資源・リサイクル・環境系及び工学系の先端技術を基に、科学技術全般にわたってセミナーや講演会等を地域社会と連携して企画、運営を行う。また、本学部で行われているものづくり教育や、学生プロジェクト活動支援分野で行われた課外活動の広報業務も行う。
■分析・評価部門
ものづくり教育プログラムおよび研究の過程で必要となる分析および評価を行う。 本業務は、既設の機器分析センターが担当する。



インフォメーションセンター概要施設・物品活動支援学内向け情報 Copyright(C)2004-2014 Innovation Center for Engineering Design and Manufacuturing,
Graduate School of Engineering and Resource Science, Akita University