秋田大学大学院附属工学資源学研究科附属ものづくり創造工学センター 秋田大学大学院工学資源学研究科附属
ものづくり創造工学センター
〒010-8502 秋田県秋田市手形学園町1-1
TEL/FAX:018-889-2806
E-mail:pub@mono.akita-u.ac.jp
アクセス サイトマップ お問合せ
センター概要 ものづくり教育支援 ものづくり活動支援 学生プロジェクト支援 地域連携活動


センターの施設
センターの物品
ものづくり創造工学センター ホーム
施設利用予約システム
利用者登録申請
利用者登録申請
利用可能施設一覧
当センターで貸出が可能な施設・設備の一覧を掲載していいます。
≫詳細はこちら
利用可能物品一覧
当センターで貸出が可能な物品一覧を掲載していいます。
≫詳細はこちら
国立大学法人秋田大学
 
■ものづくり創造工学センターの施設概要
ものづくり創造工学センターの利用者登録を行うことにより、下記の施設、設備を利用することが可能です。但し、創造工作室、溶接作業室、並びに創造電子工作室内のレーザー加工機を利用するには、当センター主催のライセンス講習会を受講し、ライセンスを取得する必要があります。
■スイッチバック教育準備室
  スイッチバック教育準備室は、当センターの専任教員室に併設しており、会議や打合せスペースとして利用することができます。インターネットに接続したデスクトップパソコンを完備し、Adobe Creative Suite 4 Web Premium, ANSISフルキットなどがインストールしてあります。利用者登録をすることにより、卒業論文、修士論文、プロジェクト活動など自由に利用することができます。
名 称 数 量 備 考
カッティングマシン 1 A4サイズの用紙カットが可能
デスクトップパソコン(自作) 1 資料作成,インターネット閲覧用
デスクトップパソコン(自作) 1 Adobe Creative Suite 4 Web Premium, ANSISフルキット
Mac Pro 1 Windows 7, Adobe Creative Suite 4 Web Premium
■創造工作室
   
創造工作室は、フライス盤、旋盤、ボール盤、バンドソー、3Dモデラーなどの設備を取り揃え、卒業論文、修士論文、学生プロジェクトなどで使う本格的な機械加工を行うことができます。創造工作室での機械加工に際しては、別途ライセンス講習会を受講し、ライセンスを取得する必要があります。  
名 称 数 量 備 考
フライス盤 1  
旋盤 1 六尺旋盤
旋盤 1 四尺旋盤
バンドソー 1  
ボール盤 1  
■創造組立作業室
 
創造組立作業室は、創造工作室で加工した部品を組み立てができ、また簡単な機械加工も行うことができます。小型卓上旋盤、小型卓上ボール盤、小型バンドソーを完備するとともに、各種ネジ、ナット、工具なども豊富に準備してあります。  
名 称 数 量
工具箱 4
小型卓上旋盤 1
卓上バンドソー 1
小型卓上ボール盤 1

■創造電子工作室
   
創造電子工作室では、基板加工機、オシロスコープ、直流安定化電源などを備えており、電子工作を行うことができます。また、レーザー加工機も設置しており、幅広い工作ニーズに対応することができます。レーザー加工機を利用するには別途ライセンス講習会を受講し、ライセンスを取得する必要があります。
名 称 数 量 備 考
投影器 1 10倍まで拡大投影可能
真空乾燥機 1 温度設定範囲: 室温+10~200℃,真空度漏れ率:約0.67kPa/日
レーザー加工機 1  
オシロスコープ 1  
直流安定化電源 1 2出力直流安定化電源
基板加工機 1 プリント基板加工が可能,加工範囲:229×305mm
双眼顕微鏡 2 対物,接眼レンズあわせて 8×~40×
半田ごて 10  
■溶接作業室
 
  溶接作業室にはTIG溶接機、ロータリバンドソーが装備されています。TIG溶接とは、アーク溶接の一種で比較的簡単に溶接することができます。この溶接機を利用するには、別途ライセンス講習会を受講し、ライセンスを取得する必要があります。
名 称 数 量 備 考
ロータリーバンドソー 1  
TIG溶接機 1 鉄,ステンレス,アルミニウムの溶接可能
■CAD室
  CAD室ではノートパソコンを100台設置し、三次元CADのAutodeskInventor10をインストールしてあります。卒業論文、修士論文、学生プロジェクト活動など自由に使うことができます。三次元CADを体験したことがない方でも当センター主催のCAD体験講習会で三次元CADに慣れることができます。その他にも構造解析ソフトANSIS、プロジェクタ、大型プリンタなどもあります。
名 称 数 量 備 考
ノートパソコン 100 AutoCAD Inventor 10,ANSIS10
プロジェクター 2 天井設置型
アンプ 2 設置型、2部屋同時使用、個別使用に対応
A3 カラーレーザープリンター 3  
A1インクジェットプリンター 1  
スクリーン 1 150インチ[電動]、120インチ[手動]
ワイヤレスマイク 2  
空調設備 2 冷暖房完備
講義机、椅子 100名分  
ホワイトボード 1  
  • Autodesk Inventor Pro10(製造系3次元CAD):50ライセンス
    配管や配線システム設計、パーツの構造解析といった高度なツール群を結合させた、3D 機械設計ソフトウェア パッケージです。この統合アプリケーションには、AutoCAD をベースにした 2D メカニカル図面作成のための AutoCAD® Mechanicalが同梱されています。 Autodesk Inventor Professional を使用して、次のような作業をすばやくかつ簡単に行えるようになります。
     * ケーブルとワイヤ ハーネスの仮想モデルを使用しての設計
     * チューブ、パイプ、フレキシブル ホースの設計
     * パーツの構造解析
     * プリント基板のジオメトリの作成
     * 設計 データのやり取りと管理
    Autodesk Inventor® Professional は、迅速に製品の完全な 3D モデルを作成できるので、設計ミスを最小限にとどめ、コストも削減することができます。3D モデルでは、フレキシブルホース、パイプ、ワイヤハーネス、ケーブル、プリント基板など、すべてのパーツが正しく接続されているか確認、点検もできます。
  • AutoCad Electrical 2006(電気系2次元CAD):50ライセンス
    AutoCAD プラットフォーム上に構築された AutoCAD Electrical は、電気制御システムの設計に特化して開発されたトップレベルのアプリケーションです。 産業用制御システムのよりスピーディで正確な 2D 設計を支援し、さらに、電気配線情報を Autodesk Inventor Professional と共有することもできます。重要な制御システム設計の作業を自動化するツールを使用することにより、ミスが発生する可能性を大幅に低減できるとともに、製造のスピードアップを図ることができ、製品品質を飛躍的に向上させることができます。
  • Autodesk VIS(レンダリングソフト):50ライセンス
    デザイン意図の伝達や共有を実現する3Dモデリング、レンダリング、プレゼンテーションソフトウェアです。デザインのプロフェッショナルは、コンセプトや代案を開発、探求する、クライアントやチームメンバーなどへデザインの意図を伝える、デザイン戦略をチェックすることができます。空間や形状の特質を定義する場合、照明は中心的な役割を果たします。グローバルイルミネーションレンダリング技術では、間接照明、ソフトな陰影、色の干渉など巧緻でリアルな照明効果で、レンダリングに息を吹き込みます。レンダリングの緻密性が向上するので、様々な条件によりでデザインの見た目がどのように変わるのかを正確に評価し、伝えることができます。工程はいたってシンプルです。実世界で行なうのと同様に照明を設定するだけです。
  • ANSYS DesignSpace(線形構造解析・伝熱解析):3ライセンス
    ANSYS DesignSpaceは、線形構造解析、線形座屈解析、固有値解析、伝熱解析、位相最適化、パラメトリック解析などが実行できるベーシックなCAEツールです。3次元CADを利用されている設計者の方に容易に使っていただけることを目的にした製品です。
  • Dynamic Designer Motion(機構解析ソフト):3ライセンス
    3次元CADに埋め込まれた設計者用の機構解析ソフトウェアです。CADの中でアセンブリしたモデルを使って、製品の動きを検証できます。3DCADで作成されたモデルを「固定パーツ」または「可動パーツ」に定義するだけで解析モデルとして認識されます。定義したモデルは材料特性や拘束条件(合致条件)を3DCADから自動認識し、解析条件として変換します。3DCADのソリッド形状により各部品の重心位置や回転慣性を自動認識します。更に拘束条件からはジョイントを自動認識することができます。
■学習支援室
  学習支援室は卒業論文、修士論文、学生プロジェクト活動のほか、会議、打ち合わせなどに利用できます。利用の際は授業時間帯以外にご利用ください。
名 称 数 量 備 考
スクリーン 1 天井設置型(120インチ[手動])
講義机、椅子 40名分  
ホワイトボード 1  



インフォメーションセンター概要施設・物品活動支援学内向け情報 Copyright(C)2004-2014 Innovation Center for Engineering Design and Manufacuturing,
Graduate School of Engineering and Resource Science, Akita University