秋田大学大学院附属工学資源学研究科附属ものづくり創造工学センター 秋田大学大学院理工学研究科附属
ものづくり創造工学センター
〒010-8502 秋田県秋田市手形学園町1-1
TEL/FAX:018-889-2806
E-mail:pub@mono.akita-u.ac.jp
アクセス サイトマップ お問合せ
センター概要 ものづくり教育支援 ものづくり活動支援 学生プロジェクト支援 地域連携活動


ものづくり教育支援
ものづくり活動支援
学生プロジェクト活動支援
地域連携活動
ものづくり創造工学センター ホーム
施設利用予約システム
利用者登録申請
利用者登録申請
利用可能施設一覧
当センターで貸出が可能な施設・設備の一覧を掲載していいます。
≫詳細はこちら
利用可能物品一覧
当センターで貸出が可能な物品一覧を掲載していいます。
≫詳細はこちら
国立大学法人秋田大学
 

■平成22年度活動

■発電プロジェクト

横手市において整備を進めている横手駅東口の市街地事業のうち、公共公益施設棟(平成22年着工予定)に整備する「健康の駅」に設置する「健康発電機」の開発・研究を行います。本プロジェクトでは、効率が良く発電・蓄電ができ、安価なシステムということで自転車を用いた発電装置の作製を行います。

■日本酒BIJINプロジェクト

本プロジェクトは、日本酒に含まれるアミノ酸などの栄養成分を化粧水として活かし、市販の化粧水のような、より質の高いプロトタイプを試作し、商品化することを目的としています。試作する日本酒化粧水は秋田県の酒蔵で造られた日本酒、秋田県の水を用いて試作し、秋田県のものにこだわることで従来にある日本酒化粧水との差別化を図ります。

■秋田大学ヨーグルト開発プロジェクト
秋田県の地域活性化を目標に、秋田県産の材料である、お米と大豆を使った新しい特産品として、米ヨーグルトと豆乳ヨーグルトの開発を目指し日夜研究に励んでいます。乳製品は秋田県における、高血圧、がん等の予防、制御へ貢献出来るため需要も高いと考えられており、秋田県総合食品研究所と連携して安全面に十分な配慮をしながら、様々な種菌、豆乳の組み合わせにおける効果、成分、味などの比較検討を行っています。

■秋田大学3D化プロジェクト

私たちは秋田大学を3Dで表現した仮想空間上を散策できるようなシステムを考えました。また、散策を行うに当たり必要となる建物検索機能の実装、本プログラムを使っている人に秋田大学の情報を配信するための情報掲示板などの実装を目指しました。 本プロジェクトは秋田大学に着目したプログラムであるため、秋田大学を散策中に秋田大学のイベント情報などのなんらかの情報を提供できるような仕組みを考えています。秋田大学の情報を配信することでプログラム使用者に秋田大学を深く知ってもらうことを期待しています。

■CANSAT  ハイブリッドロケット開発実験プロジェクト
CANSATに関しては、 搭載した各センサを用いて姿勢計測を行い超小型人工衛星における姿勢制御の基本技術の習得を目的とします。ハイブリッドロケットに関しては、ロケットを打ち上げ、CANSAT を空中で放出することで超小型ロケットでの衛星放出における基本技術の習得を目的とします。また、ロケットとCANSAT で計測を行い、ロケットとCANSAT でのかかる力の違いを調べます。

≫秋田大学学生宇宙プロジェクト(ASSP)のサイトはこちら

■AkitaCedarEngineerプロジェクト
秋田に古くから伝わる伝統工芸を再認識してもらうことと、間伐材の利用方法の新たなる提案という2つの事柄から本プロジェクトは発足しました。コンセプトは「伝統工芸と現代技術の融合」とし、伝統的加工道具であるノコギリやノミなどを最先端のレーザー加工機に置き換えて、秋田の伝統工芸品の1つである「組み木」の再現作製を試みます。また、伝統の職人技を機械的に再現できるかどうかを調査していきます。




インフォメーションセンター概要施設・物品活動支援学内向け情報 Copyright(C)2004-2014 Innovation Center for Engineering Design and Manufacuturing,
Graduate School of Engineering and Resource Science, Akita University